くせ毛が原因なのか髪が傷みやすい

髪が痛む原因は様々です。
カラーリング、パーマ、ドライヤー、紫外線、不規則な生活を送るなどなど、
いろんな原因が考えられます。特にくせ毛の人はパーマや黒といった髪にダメージを与えるものを多く使用していますね。だからこういった人は特に髪が傷みやすい条件下にあると言えますくせ毛はもともと髪がねじれていたり波打っていたりと元々紙に手入れが必要な部類ですいるだからブラッシングは人よりも多くやることで髪に対するダメージが増えてしまうのは当然のことです。
髪のダメージは純粋に何かが原因というわけではありません。色んな要因や原因によって引き起こされています。髪の内側を守るキューティクルという部分がありますが、これが傷つくと髪の水分や強度を保つアミノ酸が出て行ってしまいより髪にダメージが加わってしまいます。さらに髪にダメージを与える原因をいろいろと書いたのでこれを読めばどういった原因で髪にダメージが入るのかまたどうすれば髪にダメージは入らないのかと言ったことが分かってきます。

 

 

 

カラーリングパーマによるダメージ

カラーリングやパーマをすると薬剤によってキューティクルがはがれてしまうことがあります。それにより髪の内側から水分が出やすくなり、パサパサする髪になってしまうことが往々にしてあります。
それにより髪のコシやハリもなくなってしまいます。

 

 

洗浄によるダメージ

健康的な髪だとシャンプーをしただけでは特にダメージはありません。ですがカラーリングやパーマなど普段から髪を傷つけている人は水道水やシャンプーによってダメージを受けてしまいます。

 

ブラッシングによるダメージ

髪が濡れている状態でブラッシングをすると、いつもの乾燥している状態に比べてキューティクルにダメージが入りやすいです。髪は濡れていると、乾いている時よりも柔らかいというのが特徴です。だから擦れたり引っ張ったりと小さな力を加えただけでキューティクルが剥がれたり取れてしまったりしてしまうんです。スルト髪は切れやすくなってしまったり伸びてしまったりと何かと悪影響が多い状態が濡れている状態なんです。

 

 

日光によるダメージ

紫外線は何かと肌に影響があるものと思われがちですが、実は髪にとっても結構有害なものなんてす。紫外線に紙が当たる事で髪表面のキューティクルがダメージを受けて結果的に薄くなってしまったり剥がれてしまったり枝毛や切れ毛の原因になったりします。だから紫外線になるべく当たらないよう外に出る人は帽子をかぶるか(UV ケア対策用の帽子)、
髪を束ねるなどして少しでも日光から当たる面積を減らす努力をすることをお勧めします。

 

加齢は髪に悪影響を及ぼす

女性は一般的に30代を境に少しずつ髪が細くなっていきますまいいるまた髪のハリやコシの低下も同時に進んでしまいます。すると髪にダメージを受けやすい髪質になってしまいます。特段髪に注意していない人はこの年を境に髪に対する意識を変更した方がいいです。

 

 

髪のために食事や睡眠なども注意していきましょう

髪の毛の主成分はタンパク質で。偏食やダイエットなどでも髪が細くなってしまうことがあるので大豆や魚といった良質なタンパク質を取っておくことが大事です。宝神のために必要な栄養素は、抜け毛防止につながる亜鉛髪に栄養を送るビタミン群があります。
また生活習慣が乱れている人も注意が必要ですがいるというのも普段から徹夜をしていたり蒸しなどをしていると自律神経が乱れてしまい毛先へ栄養が行かなくなってしまうことがあるからです。毎日の習慣で髪にダメージを与えている人は注意してください。髪の毛は生活習慣やケア方法に特に影響を受けやすいです。だから今から良い習慣にしていけば髪質も改善してより健康的なものになっていきます。

 

ドライヤーによるダメージは特に危険

熱によるタンパク質の変化はタンパク変性と呼ばれています。簡単に言うと生卵を目玉焼きにする時に黄身が固まったり白身が白く濁ったりする原理と同じです。
普段は潤いを保っている紙ですが、2つをxことで髪質が変形し固まってしまうことを言います。

 

この変形してしまう過程において神が本来持っていた水分が外に出てしまい熱をかけた後にパサパサの髪だけが残るという現象が起こります。
だからこの熱には特に注意する必要があります。ただ気温の高い日や長い髪の人はお風呂上がりに髪を乾かすはとても大変だし面倒ですよね?ただし髪を乾かさず濡れたまま放置しておくと悪影響が出てきます。

 

髪の毛を濡れたままの状態にしておいて本当に良いの?

髪の毛を濡れたままの状態で放置しておくと髪の毛自体にダメージが出てきます。髪の毛はキューティクルによって保護していますが、これによって髪の内部の水分の蒸発を守ってくれてかつ髪の毛の艶を保持しています。濡れたままだとキューティクルが開いてしまいます。すると髪の毛を保護する機能が働かずにどんどん水分が出ていきパサパサして光沢のない髪の毛になります。さらにダメージがどんどん溜まっていくと、枝毛になったり切れ毛になったり髪のトラブルが出てきます。こういった最悪な状態になってしまうので濡れたままを放置しておくことは行けません。

 

頭皮にも影響が出てくる

実は髪の毛のみならず頭皮にも良くない影響が出てきます。生乾きの状態をそのままにしておくと頭皮に雑菌が繁殖してしまいます。
こうすると頭皮が臭くなってしまったり炎症などのトラブルも発生してしまいます今いる同時に枕などの寝具も寝れてしまうのでこちらもカビが生えやすくなったりと衛生状態も悪くなって頭皮のトラブルを発生させてしまいます。

 

髪の毛を乾かすことはこんなメリットがある

お風呂上がりに髪の毛をちゃんと乾かしておけば髪を守ってくれるキューティクルは閉じてくれます。さらに髪の内側にある水分の蒸発も防いでくれて、パサパサしている髪を防いでくれて光沢のあるツヤを出すことができます。

 

 

 

髪の毛を乾かす際の注意点はこれ

上記で示したとおり髪の毛を欠かすことはとても重要なことだということがわかりいただけたと思います。ただドライヤーの熱による影響は特に注意をしておく必要がありますがいるというのも実によるダメージを最小限に抑えるには最初にタオルドライで出来るだけ水分を取り除くということも効果的です。ew line 風をあてる所は髪の根元を当てると最小限の時間で乾かすことができます。というのも水滴は根元から毛先へと落ちていくので最初に根元を乾かすことができれば無駄な水分が毛先に落ちることはないからです。

 

また無意識でいつも温風しか使っていないという人もいらっしゃいますが、これは注意が必要です。というのも前述した通りキューティクルは熱にとても弱い性質があります。キューティクルが開いてしまって髪がパサパサした髪になってしまいます。だからといって冷風で乾かすと今度は温度が低いためなかなか乾きづらく長時間ドライヤーで乾かす必要があります。すると神は摩擦によってダメージを受けてしまい傷ついてしまいます。
だから低温で乾かしつつも熱を紙に均等に送らせる必要があります。ただこういったドライヤーは一般のドライヤーではなかなかできません。
また低温ドライヤー自体は売っていることはあるんですが、
それを均等に熱を与えるというのは今までありませんでした。
ですが最近開発されたRe:beau 60ローケア・イオンドライヤーはこれまでの髪業界で悩んでいたことを全て解決できるものとなっています。

 

Re:beau 60ローケア・イオンドライヤー とは!!

60℃の低温ドライヤーでオーバードライを防ぎ、
ハリとツヤを自然に出していくドライヤー!

 

低温でも十分な速乾性があります。
さらに3000万の超高濃度イオンで髪に付着したウイルスの除去や消臭効果が期待できます。

 

 

Re:beauは低温なのに高い速乾性

60℃の低温ですが従来のドライヤーより均等に熱が分散するよう改良しています。
それによって低温でも高い速乾力が特徴です。

 

 

Re:beauはイオン濃度が30,000,000!!

イオンにおける殺菌、消毒効果が数々の論文で発表されています。
これによりウイルスの殺菌や髪の消臭もできるんです!

 

 

Re:beauは温度が低すぎによる摩擦ダメージもケア

温度が低いだけのドライヤーは乾燥し辛く摩擦によって髪がパサパサしてしまいます。
Re:beauは低温でも速乾性があるので、摩擦ダメージを最小限に抑えてくれます。

 

Re:beauはペット用ドライヤーにも最適

低温なのでシャワー後のペットの乾燥にも使えます。
さらにペット特有の臭いも超高濃度イオンで消臭可能!

 

Re:beauのさらにオススメポイント

Re:beauは製品の軽量化に成功

持ち運び便利な折り畳み型♪
また460gと軽量化なので女性でも無理なく使えます。

 

Re:beauは生活の邪魔にならないデザイン

ホワイトパールを基調とし、
ブロンズをあしらった高級感のあるデザインです。

 

Re:beau 60ローケア・イオンドライヤーで美しい髪を手に入れて欲しい

パサパサ髪、枝毛、色つやがない方は
是非このドライヤーを手にして潤う髪を体感してみてください。

 

 

傷みやすい髪のまま放置しておきますか?

髪は普段から意識してケアしない限り、
髪の質はほとんど変わることはありません。
従来と同じドライヤーを使っているならなおのことです。

 

また、パサパサした髪やツヤのない髪は老けてみえてしまいますし、
ちゃんと手入れがしていないだらしない人という印象も与えてしまいます。

 

ですがRe:beau 60ローケア・イオンドライヤーなら髪に均等に熱を与えつつも速乾性があります。
これにより髪にダメージを最小限に抑え、
なおかつ濃厚なイオンによって消臭・ウイルス抑制もできます。
是非Re:beau 60ローケア・イオンドライヤーを使って艶やかなハリのある美しい髪にしてください。

 

 

 

 

 


 

 

基本的に傷んだ髪が元の髪に戻る事はありません。補修剤も、タンパク質だCMCだと言っていますが、やはり疑似成分に過ぎないのです。髪に完全同化する事はありません。その補修剤次第で、定着率はかなり違うので効果も違いますが、やはりシャンプーとともに抜け出し取れてしまします。

 

あなたがどんなに美容室のトリートメントに夢を持っていても、これが現実なのです。〇〇水、炭酸〇、イオン〇、と言っても、残念ですが傷んだ髪は元に戻ってくれません。もちろん美容室でやるトリートメントは、あなたが自宅でするよりは効果的でしょう。でもその効果は1週間???その後は???

 

もし、あなたがそれを分かっていて、その場をより綺麗に仕上げたいと思っている、またはリラクゼーションが目的、と言うのであれば全く問題ありません、おおいにお勧めします。

 

私も歯科医院に毎月通います。でもこれで虫歯にならないなんて全く思っていません。(誰でもそうでしょうが)最も大事な事は毎日の歯磨き、お手入れなのでしょう。これが95%大事だと思います。あとの5%はその手入れがうまくいっているかのチェックです。

 

髪も全く同じです。

 

あなたが本当に髪を綺麗にしていこうと思っているのなら、自宅で毎日のヘアケアをしっかりしてこそ、綺麗な髪は維持されます。もし美容室でトリートメントをするなら、ホームケアがうまくいっているかのチェックをしてもらい、ホームケアのアドバイスをもらう事。そのためにお金を使うと良いですね。

 

美容室に月に1回トリートメントに行っているから髪は傷まない、大丈夫!なんて考え方は・・・

 

逆に、髪を傷める考え方だと言えるでしょう。

 

 

では、ここからは、さらに具体的なやり方、具体的なヘアケア剤の使い方を説明します。あなたの髪はどんな状態?最も適したヘアケアの方法は?他では知る事ができないプロテクです。これでどんな髪でも、もっと綺麗になる事をお約束します。

 

真実を言いましょう・・・
傷んでしまったあなたの髪が本来の健康な髪に戻るのは・・・

 

そう、 髪が伸びて、今傷んでいるところがカットされて完全になくなる時。そう、 その時が本当の意味で髪が綺麗になる時です。髪は1年に12?15センチほど伸びます。もし根元から傷んでいたら・・・綺麗な髪での完成スタイリングに、長さが30センチ必要だとしたら、 最低でも2年はかかるでしょう。

 

最も大事な考え方とは・・・

 

その間、新しく伸びる髪を絶対に傷めない事です。
もし新しく伸びてくる髪を、また傷めてしまったら、 またそこからのスタートです。 辛い事を言ってしまいましたが、

 

考えるべきは、

 

○良い美容師にめぐり合う事(予防美容の半分は他力本願)

 

○傷みにくい丈夫な髪にしておく事(ホームケアが全て)

 

○毎日のスタイリング、ホームカラーなどで髪を傷めない事

 

 (しっかり基礎知識を持つこと) 基礎知識?このレポートを読んでいると分かりますよ。

 

いかがでしょう?

 

どうすれば良いのか分からなくなりました?

 

大丈夫です。髪を傷めない事、予防美容は確かに他力本願なところですので難しいですが、自分で出来る事は傷みにくい髪にしておく事!

 

コレなんです。 セルフカラーなどの傷みにくい方法の知識を持つ事は当然として、日々のホームケアをしっかり続けると言うのが、最も大事な事なんですね。

 

髪の傷みは直りませんが、感触、保湿、強度(キューティクルの修正、保湿効果のコントロール、強度UP) これらの補修手入れは自分で出来るのです。

 

 

更新履歴